金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年11月28日

●奥様の一心でご主人が生まれ変わる

 あるご信者が会社に入社して5年の御礼の宅祭をお仕えになられたことがありました。お母さんとお嫁さんが終始涙を流しておられたのは「ありがた涙」でした。「夢のようです。こんな有難いお宅祭が仕えられるのは…。」

★なぜなら、アルコール依存症で働くことも出来ず、入退院を繰り返しておられたご主人が神様にお縋りして依存症全快のおかげを頂かれ、就職なさってから5年の間に課長にならせて頂かれたからです。3年間無遅刻、無欠席という真面目な勤務ぶりだというのです。朝早く朝食を終えられて、朝参りしてから直接会社へ出勤され、帰りに教会へ参拝なさってから自宅へ帰られる。寄り道もしないような毎日の生活に変わられたのです。

★「今日も一日しっかりと働かせて頂けますように!今までのご無礼はお許し下さい。酒一滴も口にせず、どんな誘惑にも打ち克つことが出来ますように!」とお願いして一日が始まり、「今日も一日しっかりと働かせて頂きました。有難うございました。」と御礼を申して帰られる。帝塚山に住宅を購入出来るようになられた家族は毎日朝参りを欠かされませんでした。

★ご主人がアルコール依存症で狂ったようになっておられた時期、奥様は実家にも友人にも誰にも打ち明けずに神様にお縋りして、お願いなさったのでした。よそへ恥を売り歩くようなことをなさらず、自分と主人の値打ちを下げることをなさらずに「どうあっても立派な主人になってもらいたい!二人の子供の父親として尊敬してもらえるような人になってもらいたい!」と諦めずに不成の心を持たずに願い続けられたのです。そのご信心でご主人は生まれ変わられたのでした。

★金光大神様はどんな氏子のことも決してお見捨てになさることはありません。ご慈愛に満ちたお取次ぎによって私達氏子は有難いおかげを頂き続けることが出来るのです。「こんなことでは申し訳ない。どうあってもおかげを頂けるように信心を向上させて頂かねばならない。」とどこまでも不成心を去ってお願い致しましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:20 | 平成28年の「み教え」