金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年11月02日

●家中が生まれ変わってゆく

今から17年前の10月28日、初代教会長・伊藤徳次彦霊神の例年祭の日のことです。あるお方の息子さんが食事が喉を通らなくなってしまい、やせ細ってしまわれました。このままでは働けなくなってしまうという状態にまでなられ、良いお医者さんはないか近所の方に訪ねておられますと、「お医者さんもよろしいですが、もっと良いところがありますよ。」と親切なご信者にお導き頂かれたのでした。

★阿倍野教会に参拝なさった時、私は例年祭の為の神饌の御用をさせて頂いておりました。そこでその方に、[今日からすべての物を拝んで頂きましょう。空気やお日様のお照らし、食物やお水に拝んでお礼を申しておられますか?私達は天地のお恵みの中で生活させて頂いており、神様の賜り物で生かして頂いております。お水一杯でも、額まで上げて拝んで頂かせて頂きますと、お水の中に含まれている天地の恵みが自分の体に頂けるのです。神様は、毎日の生活の中で「感謝の心が足らない、喜びが足らない」と教えて下さっておられるのです。ですから、「金光様有難うございます」とお礼を申す稽古をさせて頂きましょう。今日はご祭典がありますから、しっかりと拝んでおかげを蒙らせて頂きましょう。]とお話しさせて頂きました。なんと、その息子さんはその晩から食事が頂けるようになられたのです。

★そのお母さんご自身も、腎臓病を患っている為に朝起きられず、今まで一度もご主人を朝送り出すことが出来られませんでした。しかし、ご祈念して休ませて頂くことで、毎朝4時に起きられるようになられたのでした。さらにご主人のお弁当を作って、送り出してから朝参りが出来られるまでおかげを頂かれました。さらに、入信前には多額の借金があったのですが、「どうぞ借金返済のおかげを頂けますように」と一心にお願いなさっておられました。すると、先月10月半ば頃になんと借金全額返済のおかげを頂かれ、10月28日の初代教会長先生の90年祭には有難いお礼の参拝が出来られたのでした。

★借金が返済させて頂けただけではありません。先々は貯金が出来るようになりたいと楽しみに働かれるようになられ、さらには息子さんのお一人が結婚されて子宝も頂かれ、家中が結構な方へ生まれ変わることが出来られたのでした。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:01 | 平成28年の「み教え」