金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年10月30日

●神様のお試し

 先日、あるご信者が「仕事の上で改まらせて頂き、職場で人に対して一切不足を思わずにご修行させて頂こうと心に決めさせて頂きましたら、その途端に腹の立つことばかり起こってきました。次から次へと神様がお試し下さいました。そのお試しというのは仕事の上で、自分より下の立場の人から偉そうに言われたり、失敗したわけでないのに、無視されたり、のけ者にされたりします。どうしてそんな目に遭わなければならないのかと思うようなことばかり起こってきました。」

★「その時に『金光様、金光様…』とご祈念させて頂いておりますと、だんだんと心が落ち着いてきます。ご祈念を忘れてしまった時は、腹が立って仕方がありません。み教えを頂いておりますので、目の前の人のことを『どうぞ、この方が助かられますように。心が穏やかになり、幸せになって頂けますように。』とお願いさせて頂く事が出来るようになりました。そうしますと、実に心が穏やかに、和らぎ賀ぶ心にならせて頂けました。今まではさせて頂けなかった事がさせて頂けるようになりました。有難うございました。」とお礼を申されました。

★神様にお約束させて頂き、心に決めさせて頂いた途端に、神様から「そうか、それ程までに思っておるのか。どこまで進ませて頂いておるのかな。」とお試しがあります。私達はそのお試しに合格させて頂かねばなりません。ご修行に真剣に取り組ませて頂けば、取り組ませて頂くほど、神様はそれにお応え下さるように、様々な試験をして下さいます。それは、その人の信心をまた一段と向上させてやろうという、神様のご慈愛に満ちたお心であるのです。日々しっかりみ教えを頂いておりますと、その課題を有難く謙虚に受けさせて頂ける柔軟な心が育ってゆくのですね。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:41 | 平成28年の「み教え」