金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年10月06日

●徳切れにならない為に

日々、しっかりと信心の稽古に励ませて頂き、めぐりをお取り払い頂いて、身に徳を頂く信行に励ませて頂いておりますと、何か事が起こってきた時に、全てに間に合うようにご都合お繰り合わせ頂く事が出来るのです。

★また事が起こってきた時に、心を乱して間違いを犯してしまったり、考え違いや取り違いをすることにならないように、常から正しい判断や対処がさせて頂ける人間にならせて頂かねばなりません。そのためには、出来てきたことを全て信心の行にさせて頂き、信心の材料として受け切ってゆくことが大事です。自分自身に不利益なことや災難が起こってきますと、誰しもそこから逃れたいと思います。しかし、その出来事の中にも一つ一つご神意があることを悟らせて頂かねばなりません。神様が自分自身の本心を磨いて下さり、私たちの成長を願って起こして下さっている出来事ですから、一段と向上させて頂く為に有難く受け切ってゆくのです。

★次には陰の徳を積むことです。二代教会長伊藤コウ師のご母堂・ハル刀自は、陰の徳を積まれる事に一生懸命に励まれたお方です。教会の近所の道路を駅までお掃除される際には、夜になって誰もが寝静まってから、裏から表へ、隣から隣というように人目につかないように心掛けられました。それは「人から礼を言ってもらえば徳積みとならない。人に知られないところでするところにお徳が頂ける」という事を教えて下さったのでした。人に「私はこんな良いことをしています」と自慢して言ったり、人に礼を言ってもらおうとするのでは、徳を積むことはできません。神様からも人からも用いて頂く人間になるためには、陰の徳を積むこと(人が見ていないところでのご修行)に励ませて頂く事です。

★陰の徳を積むことと、それぞれに起きてきた問題に対して逃げることなく、おかげを頂く方へ舵取りをさせて頂いて有難く受け切ってゆくことに励ませて頂いておりますと、徳切れにならない姿とならせて頂けるのです。
【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:40 | 平成23年の「み教え」