金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年07月31日

●過去・現在・未来を通しておかげを頂く

過去・現在・未来を通しておかげを頂いていくためには、めぐりをお取払い頂かねばなりません。先祖代々からの、知らず知らずにご無礼を重ねてきたお詫びを申し上げることを日々重ねさせて頂きましょう。そして永年に亘って神様にお許しを頂き、おかげを頂き続けておりますことを御礼申し上げ、さらに「日々信心させて頂きますから、めぐりをお取払い下さい。」と実意丁寧にお願いさせて頂くことによって、次第にめぐりをお取り払い頂くことが出来るのです。

★『昨日を忘れ 今日を喜び 明日を楽しめ』とみ教え頂いておりますが、なかなか過去を忘れることが出来なかったりするものです。過去は変わらないのに「あの時こうすればよかった…」等と考えてしまうこともよくあります。また自分の生まれる以前の先祖の身の上ことも知ることも出来ておりません。しかし過去のことは神様におすがりして万事お任せすれば良いのです。今月今日の信心を一生懸命にさせて頂きましたら、過去一切が救われていくのです。そこを分かって信心をさせて頂けば過去から離れることが出来る、すなわち昨日を忘れることが出来るというご意味です。

★今日一日、今日一日信心に基づいて一心に目の前のことに打ちこんでいくことを一生懸命させてもらい、今日生命を頂いていることを喜んで明日を楽しんでお願いをさせて頂きましょう。今日という日は過去一切を含んだ今日なのです。また今日の生き方、今日からの生き方というものによって未来を良き方向へ導いてゆくことも出来るのです。ですから今日という日ほど大切なものはありません。今日生命を頂いていることにお礼を申し、出来ることを一生懸命させて頂き、おかげを蒙らせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:52 | 平成28年の「み教え」