金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年07月23日

●根気強く努力する

 細菌学者の野口英世博士が梅毒ウイルスを発見された時、10000枚の標本を用意され、毎日根気強く見続けられた結果、9996枚目で発見出来たそうです。その後に最初から見直しますと、全てにそのウイルスを見出すことが出来られたということです。今まで断片的に黒い点としか見えていなかったものが、何度も見続けることにより、立体的に頭の中に浮かび、それが梅毒ウイルスであることが分かられたのです。根気強く継続なさるその熱意が、大きな発見が出来られた元だと思わせて頂きます。京都大学総長であった方が、「根気強く続けてゆくということは、不可能を可能にする。野口英世は天才ではないが、尊い鈍才、恐るべき鈍才である。超人的な努力家である」と称されました。

★続けるということは容易な事ではありませんが、やり抜こうとする根気と実行が不可能を可能にしてゆくのですね。み教えも一回聴かせて頂いて、すべてを理解するということは難しいですが、日々み教えを頂き直すことにより、だんだんと奥深く程度の高いところまで理解できるようになり、全体像が見えてくるのです。毎日毎日のたゆまぬ努力がなければ、新しいものを生み出すことも練り出すことも出来ません。それぞれにお願いしていることに対して「必ず成就する!」と思って、あきらめずお願いをし、根気強く最大限に努力させて頂くということが、人間を進化させ、新しいものを見出すことが出来、お願い成就につながってゆくのです。

★人間が退化する因(ノーベル生理学・医学賞受賞 アレキシス・カレル)
1)飲食をむさぼる。
2)他を誹謗中傷し、嘘をつく。
3)二心を抱く。信頼を裏切る。
4)つじつまの合わないことを強引に言いくるめようとする。
5)口先上手で、余計な事ばかり話す。
6)愚にもつかない放送を見たり聞いたりする。等・・。
これらは、人間を自滅してゆく人生になってゆきます。与えて頂いている仕事や御修行から逃げずに、み教えを基に真正面から受け止め、一段と努力させて頂いて、責務を果たさせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:46 | 平成28年の「み教え」

●根気強く努力する

 細菌学者の野口英世博士が梅毒ウイルスを発見された時、10000枚の標本を用意され、毎日根気強く見続けられた結果、9996枚目で発見出来たそうです。その後に最初から見直しますと、全てにそのウイルスを見出すことが出来られたということです。今まで断片的に黒い点としか見えていなかったものが、何度も見続けることにより、立体的に頭の中に浮かび、それが梅毒ウイルスであることが分かられたのです。根気強く継続なさるその熱意が、大きな発見が出来られた元だと思わせて頂きます。京都大学総長であった方が、「根気強く続けてゆくということは、不可能を可能にする。野口英世は天才ではないが、尊い鈍才、恐るべき鈍才である。超人的な努力家である」と称されました。

★続けるということは容易な事ではありませんが、やり抜こうとする根気と実行が不可能を可能にしてゆくのですね。み教えも一回聴かせて頂いて、すべてを理解するということは難しいですが、日々み教えを頂き直すことにより、だんだんと奥深く程度の高いところまで理解できるようになり、全体像が見えてくるのです。毎日毎日のたゆまぬ努力がなければ、新しいものを生み出すことも練り出すことも出来ません。それぞれにお願いしていることに対して「必ず成就する!」と思って、あきらめずお願いをし、根気強く最大限に努力させて頂くということが、人間を進化させ、新しいものを見出すことが出来、お願い成就につながってゆくのです。

★人間が退化する因(ノーベル生理学・医学賞受賞 アレキシス・カレル)
1)飲食をむさぼる。
2)他を誹謗中傷し、嘘をつく。
3)二心を抱く。信頼を裏切る。
4)つじつまの合わないことを強引に言いくるめようとする。
5)口先上手で、余計な事ばかり話す。
6)愚にもつかない放送を見たり聞いたりする。等・・。
これらは、人間を自滅してゆく人生になってゆきます。与えて頂いている仕事や御修行から逃げずに、み教えを基に真正面から受け止め、一段と努力させて頂いて、責務を果たさせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:43 | 平成23年の「み教え」

●根気強く努力する

 細菌学者の野口英世博士が梅毒ウイルスを発見された時、10000枚の標本を用意され、毎日根気強く見続けられた結果、9996枚目で発見出来たそうです。その後に最初から見直しますと、全てにそのウイルスを見出すことが出来られたということです。今まで断片的に黒い点としか見えていなかったものが、何度も見続けることにより、立体的に頭の中に浮かび、それが梅毒ウイルスであることが分かられたのです。根気強く継続なさるその熱意が、大きな発見が出来られた元だと思わせて頂きます。京都大学総長であった方が、「根気強く続けてゆくということは、不可能を可能にする。野口英世は天才ではないが、尊い鈍才、恐るべき鈍才である。超人的な努力家である」と称されました。

★続けるということは容易な事ではありませんが、やり抜こうとする根気と実行が不可能を可能にしてゆくのですね。み教えも一回聴かせて頂いて、すべてを理解するということは難しいですが、日々み教えを頂き直すことにより、だんだんと奥深く程度の高いところまで理解できるようになり、全体像が見えてくるのです。毎日毎日のたゆまぬ努力がなければ、新しいものを生み出すことも練り出すことも出来ません。それぞれにお願いしていることに対して「必ず成就する!」と思って、あきらめずお願いをし、根気強く最大限に努力させて頂くということが、人間を進化させ、新しいものを見出すことが出来、お願い成就につながってゆくのです。

★人間が退化する因(ノーベル生理学・医学賞受賞 アレキシス・カレル)
1)飲食をむさぼる。
2)他を誹謗中傷し、嘘をつく。
3)二心を抱く。信頼を裏切る。
4)つじつまの合わないことを強引に言いくるめようとする。
5)口先上手で、余計な事ばかり話す。
6)愚にもつかない放送を見たり聞いたりする。等・・。
これらは、人間を自滅してゆく人生になってゆきます。与えて頂いている仕事や御修行から逃げずに、み教えを基に真正面から受け止め、一段と努力させて頂いて、責務を果たさせて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆

posted by 金光教阿倍野教会 at 05:43 | 平成28年の「み教え」