金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年06月22日

●真心が通じ合う  

 6月21日は、平成16年に73歳でお国替えなさった内尾節子氏の御命日でありました。この方は阿倍野教会で祭典の楽の御用をなさっておられた田中増江氏の娘さんにあたり、3代目の信心であられましたが、縁あって大分県に嫁がれました。阿倍野教会の毎月の御本部御礼参拝には日を合わせて大分県より参拝され、また春秋の御大祭には信心友達である陶山氏の家に泊めて頂いて参拝する熱心なご信者であられたのです。

★晩年、内尾氏は癌を患われ、末期状態であるということが判明し、ホスピスで治療を受けられることとなったのです。6月1日内尾氏の娘さんから陶山氏に連絡があり、「母が陶山さんに会いたがっていたのでお見舞いに来て欲しい」とのことでした。その時の内尾氏は昏睡状態で食事も出来られず、意識が無い状態が続いておられたそうで、いつどうなってもおかしくないとのことでした。陶山氏は早速教会へお届けされますと「是非行ってあげなさい」とみ教えを頂かれ、6月4日に会いに行かれました。すると、会いに行かれた日は意識が回復しておられ、内尾氏は待ちかねていたかのように大変喜んで歓談が出来られたのです。更に昼食が用意されましたら「美味しい、美味しい。」と完食することが出来られたのでした。後になって判明したことですが、内尾氏は陶山氏に会われた3時間だけ意識を取り戻されたというのです。その後、お国替えなさるまで話が出来る状態になるということはあられませんでした。

★陶山氏のお宅では娘さんの承諾を受けて、内尾氏の御霊神を自宅の霊舎に合祀して頂かれ、現在でも日々御霊前で拝礼しておられます。

★このお道は生神金光大神様のお取次ぎを頂いて天地金乃神様のご神徳を蒙らせて頂ける有難いお道です。大切なのは生神金光大神様のお取次を願うということ、お取次ぎによっておかげを頂いていくということです。ここがこのお道の神髄でありますから決して外してはいけませんね。
★『願うことは何事も、かなわないということはない。金光大神の手続きをもって願え。何事もおかげをいただける。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:29 | 平成28年の「み教え」