金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年05月30日

●神様は親孝行を一番お喜びくださる

 阿倍野教会の信徒総代をなさった山階氏は、幼い頃に実母を亡くされ、義理のお母さんに育てられたのでしたが、「義母はいつも義弟ばかりを大事にし、自分は疎んじられている」と思い続けておられたのでした。そして、10代の終わりに家出をされ、「成功して親を見返してやりたい」という一念で、小さな鉄工所を営んでおられましたが、多額の借金を抱え、公園でアイスを売って日銭を稼がなければならない苦しい状態に陥られたのでした。

★そうして、30年以上も親に音信不通の状態が続いておられたのでしたが、49才の時、伊藤ハル刀自(二代教会長伊藤コウ師のご母堂)にお導き頂かれ、「何十年も音信不通になっているとは、どれ程親は心配されていることでしょう。それは、親不孝の極みです。そこにあなたが結構にならない元があるのです。親の御恩のわからない人間にどうして天地の親神様の御恩が分かるでしょうか!相手がどうあろうと、親は親です。まず両親にお詫びに行かせて頂き安心して頂きなさい。これからは親孝行させて頂けるように改まりなさい。」と熱心にみ教え下さったのでした。

★山階氏は、ハル刀自のみ教えを素直に頂かれて、早速実家に戻られてお詫びをされました。み教えを頂くことによって、30年以上積み重ねてきた親不孝の心から、真に親孝行を願う心に切り替えることが出来られ、神様におすがりしながら、どこまでも真心で孝養を尽くされたのです。

★そうして一心にお礼とお詫びの信心に打ち込まれ、仕事に対する態度も、道に落ちている古釘さえも拾って拝んでおし頂くようになられ、身を粉にして働かれたのでした。鉄工所は10年の間に目覚ましい発展を遂げ、従業員100名を超える大きな工場に繁盛のおかげを頂かれたのでした。また、お義母さんには先々は安心して喜んで過ごして頂けるようにと南向きの一番良い部屋を用意させて頂かれたのでした。

★神様のお心に適うような、まこと真心のお願いを持たせて頂けるようになると、神様が応援してくださり、人も使わしめになって、結構な繁盛の道が開けていくのです。たとえ、自分の真心を相手が思うように受け取ってくれなかったとしても、目先の結果に囚われることはありません。全ては神様がご覧下さっているのです。親孝行、ご恩返しという中心となる願いから外れることの様に、神様を杖にして、有り難いおかげを頂く道を歩ませて頂きましょう。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:35 | 平成28年の「み教え」