金光教阿倍野教会ページ内リンク


2016年04月26日

●『祈れ・薬れ』

 あるご信者は、突然呼吸困難に陥られ病院で検査を受けられますと、肺に水が6・5リットル程溜まっていることが判りました。早速その水を抜いて頂かれ、原因を調べて頂かれますと、肺腺癌という病を患っておられることが判明したのです。

そして、医師が「あと一年もたない。放射線での治療は不可能である。そして抗癌剤でしか治療が出来ず、その薬の効果もこれまでになかなか良い結果が出ていない。それでも治療を受けられますか?」と尋ねられました。

★そこでそのご信者はお届けに来られ「今日迄、お生命を頂いてまいりまして、真に有難うございました。この度、肺に腫瘍を見つけて頂きました。治療が受けられるということは有難いことです。

どうぞお医者様のお手をお借りして色々と薬を試して頂きますが、体に合うものが見つかりますように。そして薬の効果が絶大に発揮し、副作用は最小限に済ませて頂いておかげを蒙らせて頂けますように。私自身は何も分かりませんので、神様に治療を受けさせて頂くつもりでおかげを頂きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します」とお願いされました。

★それから治療を続けられますと、何と有難いことに薬の効果が最大限に発揮され、きれいに癌が消えてしまったのです。医師は「私は同じ病気の方をたくさん診てきましたが、あなたのように回復した人をみたことがない」とおっしゃり、大変驚かれたということです。

そのご信者は、同じような症状で、同じような薬を用いて治療して頂いても、その効果の表れ方が違うということが分からせて頂かれました。今もお礼の心に満ち満ちて、より一層元気にお参りされ良い状態を保っておられます。

★私達は、夫々の身体の中に頂いている治癒力・回復力・免疫力等々…尊いものを、神様から生まれながらにして備えて頂いているのです。それをしっかりと表にあらわさせて頂けるか否かは、自分自身の心の持ち方次第であり、決して悪いことを思わず、良いことを思い、良いことを口にすることが大切です。

薬も天地のお働きによる賜り物から抽出して頂いたものです。"祈れ・薬れ"の心で一心に御祈念し「お医者様のお手をお借りしますが、神様に治療して頂いておかげを頂けますように」という心持ちで有難く拝んで投与して頂きますと、どれほど有難い結果を生み出すことになるでしょうか。ご信心を基にして、心の良い状態・体の良い状態を保たせて頂いて、病気の進行を抑え、病を治して頂けるようなおかげを蒙らせて頂きましょう。

★『祈れ薬れにすればおかげも早いが、薬れ祈れにするからおかげにならぬ』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:40 | 平成28年の「み教え」

●『祈れ・薬れ』

あるご信者は、突然呼吸困難に陥られ病院で検査を受けられますと、肺に水が6・5リットル程溜まっていることが判りました。早速その水を抜いて頂かれ、原因を調べて頂かれますと、肺腺癌という病を患っておられることが判明したのです。

そして医師が「あと一年もたない。放射線での治療は不可能である。そして抗癌剤でしか治療が出来ず、その薬の効果もこれまでになかなか良い結果が出ていない。それでも治療を受けられますか?」と尋ねられました。

★そこでそのご信者はお届けに来られ「今日迄、お生命を頂いてまいりまして、真に有難うございました。この度、肺に腫瘍を見つけて頂きました。治療が受けられるということは有難いことです。どうぞお医者様のお手をお借りして色々と薬を試して頂きますが、体に合うものが見つかりますように。

そして薬の効果が絶大に発揮し、副作用は最小限に済ませて頂いておかげを蒙らせて頂けますように。私自身は何も分かりませんので、神様に治療を受けさせて頂くつもりでおかげを頂きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します」とお願いされました。

★それから治療を続けられますと、何と有難いことに薬の効果が最大限に発揮され、きれいに癌が消えてしまったのです。医師は「私は同じ病気の方をたくさん診てきましたが、あなたのように回復した人をみたことがない」とおっしゃり、大変驚かれたということです。

そのご信者は、同じような症状で、同じような薬を用いて治療して頂いても、その効果の表れ方が違うということが分からせて頂かれました。今もお礼の心に満ち満ちて、より一層元気にお参りされ良い状態を保っておられます。

★私達は、夫々の身体の中に頂いている治癒力・回復力・免疫力等々…尊いものを、神様から生まれながらにして備えて頂いているのです。それをしっかりと表にあらわさせて頂けるか否かは、自分自身の心の持ち方次第であり、決して悪いことを思わず、良いことを思い、良いことを口にすることが大切です。

薬も天地のお働きによる賜り物から抽出して頂いたものです。“祈れ・薬れ”の心で一心に御祈念し「お医者様のお手をお借りしますが、神様に治療して頂いておかげを頂けますように」という心持ちで有難く拝んで投与して頂きますと、どれほど有難い結果を生み出すことになるでしょうか。

ご信心を基にして、心の良い状態・体の良い状態を保たせて頂いて、病気の進行を抑え、病を治して頂けるようなおかげを蒙らせて頂きましょう。

★『祈れ薬れにすればおかげも早いが、薬れ祈れにするからおかげにならぬ』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 00:11 | 平成28年の「み教え」