金光教阿倍野教会ページ内リンク


2015年12月29日

●『今みかげをという心になれよ』

あるご信者は、母親に連れられてお参りを始められたのでしたが、そのころは「なぜ教会へ参らなければならないのか?」と心に不満が多く、なかなか物事を喜ぶことの出来ないお方でした。

しかし、み教えを頂かれるほどに、徐々に心を改めていかれたのです。そして、3年後に血液の癌が発病した折には、

「入信当初は、み教えを聞いても何を話しておられるのか分からず、心に受け入れることが出来ませんでした。それでも、お参りを続けさせて頂いておりますと、素直にみ教えを頂けるようになり、至らない自分に気が付かせて頂きました。そして、血液の癌が見つかりました。しかし、心が乱れることはありませんでした。今までの3年間は準備期間でした。本気になってご信心をさせて頂くようになって、こうして良い時節に病気を与えて頂いて有り難いです。先々に起こり来る病気をご存知で神様が私におすがりさせて頂く為の準備をさせて下さったのだと理解出来ましたので、必ずおかげを頂けると思いつつ治療を受けさせて頂きます。」と仰っておられました。

常平生のご信心のおかげで、一心に神様におすがりすることができられましたら、再発することなく、病気全快根切れの大みかげを蒙ることが出来られたのでした。

★銘々に神様がかけて下さっている願いがあります。自分に起こり来る出来事をどのように有難く受けさせて頂くことが出来るか。不幸と思わず、これをご修行とさせて頂き、おかげを頂く心にならせて頂きましたら有難いのですね。

『やれ痛やという心でありがたし、今みかげをという心になれよ』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:38 | 平成27年の「み教え」