金光教阿倍野教会ページ内リンク


お知らせ



3月8日 みかげ会総会
3月20日 春季霊祭
 

2020年03月30日

●真に有難しと思う心

 二代教会長・伊藤コウ師がご在世中のことです。九之池氏は学校卒業の後、朝から晩までの銀行勤めの為に、運動不足や不規則な食事が続かれ、段々と体力が落ちて、肺結核になられました。医師からは、「仕事はやめて、滋養のあるものを食べ横になっておくように」と、言われたのでしたが、九之池氏は「何もせずに寝込むだけでは申し訳ない!」と思われ、週1回専門病院に通われながら、自宅で療養することを決心なさったのでした。そして、毎朝朝参りをしてみ教えを頂かれ、1日の事をお願いし、帰ってから軽い畑仕事をする生活を続けられたのです。

★翌年には仕事に復帰され、朝参拝、会社勤め、農業をなさる日々を送られたのですが、およそ2年後に、今度は腸結核を併発なさり、医師も匙を投げる容態になられたのでした。あまりにも辛くて、お広前で御祈念させて頂かれると、「お前の気持ちはよくわかった。今まで辛抱したのだから、もう少し辛抱しておかげを頂きなさい。」と、心に響かれたのでした。

★九之池氏は、「なんとしても、神様におすがりしておかげを頂くのだ!」という一心で、朝参拝、畑仕事、夜参拝という生活を送られたのです。食事をするとすぐ下痢をし、骨と皮だけに痩せていかれましたが、それでも、神様におすがりして、参拝と農業に励む生活を1年近く続けられました。

★そうなさるうちに、次第に体力を頂かれ、遂に肺結核、腸結核、全快根切れのおかげを頂かれたのです。更には、結婚して4人の子宝にも恵まれる等、まさに「炒り豆に花が咲く」おかげを頂かれたのでした。

★「生神金光大神様、天地金乃神様、有難うございます!」という一心で、神様におすがりさせて頂き、家族を拝み、仕事を拝み、住まわせて頂いている家を拝み、全てを神様のお恵みと、有難く頂いてお礼を申せるような、心のおかげを頂きたいと思います。そのような心にならせて頂くためには、これまでお礼を申すことが出来なかった物に対して、あるいは人に対して、お礼を申す稽古をさせて頂きましょう。小さな稽古の積み重ねが、やがて有り難い実を結び、人からも神様からもご信用頂けるような信心に、成長させて頂くことが出来るのです。

★『有難いことを知らぬ者に困ったり、難儀な者が多い。信心して思い分けができて、有難いことが分かって御礼が言えるようになると難儀災難が払われ、達者にもなってくる。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:54 | 令和2年の「み教え」

2020年03月29日

●阿倍野教会に於ける、天地金乃神大祭の執行形態変更につきまして

現在、新型コロナウィルス感染症は、世界の国々をはじめ、日本国内で感染拡大の勢いが増しております。また、政府から大規模な行事の中止、規模縮小の要請など新たな対策が打ち出されており、御本部におかれましては、4月5日の天地金乃神大祭について、感染拡大を避けることを最優先とされ、各地に於いて遥拝にておかげを蒙らせて頂くご方針を立てられました。

★そこで阿倍野教会におきましても、御本部のご方針に沿わせて頂き、ご信者皆様方の健康と安全を最優先に考え、5月11日の天地金乃神大祭につきましては、下記の通りに執行させて頂き、ご自宅より遥拝なさって下さいますよう、ご理解お願い申し上げます。

1、ご祭典について
5月11日、教会長先生ご祭主のもと、阿倍野教会在籍教師が祭員としてつかせて頂き、ご奉仕させて頂きます。

2、参拝について
この度は、それぞれのご自宅で遥拝なさって下さいませ。

3、お供えについて
お献備の奉献、または品物でのお供えにつきましては、当日までにお結界でお供え頂くか、もしくは郵送・宅配等でも拝受させて頂き、御大祭には御神前にお供えさせて頂きます。

4、奉仕係の御用奉仕について
当日の奉仕係の御用奉仕はございません。

5、お直会について
ご信者様には、直会券を郵送、または手配りにてお渡しさせて頂きます。11日以降でご参拝されました時にご持参頂き、お結界で直会券と引き換えに「阿べの誌70号」をお下げ頂かれます様に。また、ご参拝が出来られ難いお方は、直会券を教会に郵送して頂きましたら、「阿べの誌70号」を手元にお送り致します。ご了承下さいませ。

6、その他
祭典後のお説教、及び祭典前のおかげ話はございません。

★天地の親神様に日々生かして頂いている御礼を申し上げ、またそのお恵みを享受させて頂いていることの御礼を申し上げて、真心込めたご祭典をお仕え申し上げさせて頂きたいと、願わせて頂いております。皆様も日々の生活に於かれまして、健康で安全な生活を第一に心掛け、換気・手洗い・消毒を心掛け、危ない所には近付かないようにして、感染の予防に留意して頂きますようお願い申し上げます。

★共々にウイルス感染なされた方々の助かりと立ち行き、霊様のご安心をお願いし、一日も早い終息を御祈念させて頂きたいと思います。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:51 | 令和2年の「み教え」

2020年03月28日

●神様がさせなさるご修行

 二代金光四神様はお隠れになる二日前、ご家族にご遺言を残されました。そのご遺言通り、金光攝胤様(三代金光様)が数え年14才で御結界の御用を継がれることになられ、明治26年から70年間にわたって84才まで御用におつき下されたのでした。

★三代金光様は、昭和11年に東北地方のある教会の在籍教師にみ教え下さっています。『天地の事は、人の力に及びませんでなぁ。神信心には何事も辛抱することが一番大切でございます。教祖様が欲を放して神様の御取次をお受けなさって、四神様がお跡を10年、夜に昼に欲を放れてお座りなさって、早うお国替えなされてなぁ。それから何も知らぬ私が、座りさえすれば楽じゃと言うて座らしてもらいました。初めのうちは、辛うて辛うてよう泣きましたがな。親様の教えを守らしてもろうて、泣く泣く辛抱しいしいに座っとりましたら、欲しいものも考える事もいつの間にかなくなりましてなぁ。有難うて有難うてならんようになり、なんぼう御礼を申しても足りませんのじゃ。御礼の足りませぬお詫びばかり申しております。勿体ない事でございます』と仰せになられたのです。

★三代金光様は、数え年14才というご年令で、初めは辛い思いをなさっておられましたが、段々と有難いお心になられたのは、神様の思し召しと受け切られて、神様におすがりさせて頂かれて辛抱をなさったからです。ご自身の決心や覚悟だけでなさった辛抱でしたら、「有難うて有難うてならんようになり、なんぼう御礼を申しても足りない」というお心にはなられなかったことでしょう。そこに親様のお祈りがあられ、ひたむきに神様にお縋りなさった三代金光様は、神様と共にさせて頂かれた70年間の御修行をもって、おかげの頂き方の手本を私達に表わして下さり、み教え下されたのです。

★本当の辛抱とはおかげを蒙らせて頂かねば出来ないことです。辛抱させて頂けば頂くほど、有難い信心辛抱のお徳を積ませて頂けるのです。苦労から逃げようとしたり、責任転嫁ばかりしては、決して結構にはなってゆきません。み教えに基づいて生活し、心を神様に向ける稽古をしておりますと、自分自身の生き方が定まっていくのですね。

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 10:47 | 令和2年の「み教え」

2020年03月27日

●み教えを聞き込んで頂き直す

『信心は本心の玉を磨くものぞや』とみ教え頂いております。どのようにして本心の玉を磨いていくのか、と言いますと「自分自身のみ教えを頂く姿勢」を練り直していくということです。み教えを常に頂き直し、謙虚にどこまでも、受け物を作らせて頂けるように、おかげを蒙らせて頂くことが必要ですね。

★ある方が「教祖様は『此方の道は祈念祈祷で助かるのではない。話を聞いて助かるのである』とみ教え下さった一方で、『信心は話を聞くだけが能でない。わが心からも練り出すがよい』ともみ教え下さっておられます。相反するようにも思えるのですが。どういうことでございましょうか?」と二代教会長伊藤コウ師に質問なさいました。

するとコウ師は「それは、お広前でみ教えを聞いて、聞いて聞いて聞き込んで、頂いたみ教えを十分に自分のものに修得することです。み教えを繰り返し実践していく、それがわが心から練りだすということですよ」とお話しなさったのでした。

★実は一つのことを仰っておられるのですが、段階があるということです。み教えをしっかりと聞き込んで頂き直して、その中から有難いものが生まれてくるのです。そうなるには、み教えが身に付いて離れないものに、すなわち何時どんな時でも、さっとご信心に基づいた行動がとれるように、ならせて頂くことです。

その為に、私達は日々の信心の稽古に、励ませて頂いているのです。病床にあろうが、苦境の中であろうが、常に心が穏やかで、和らぎ喜ぶ心で生活をさせて頂ける姿が、変わらないようにならせて頂きたいですね。それが、常に神様に心が向いている、ということですね。良い事ばかり思って、良いところばかり見て、良いことばかり聞かせて頂いて、良い事ばかり口に出させて頂いて、自分の中身が神様にお喜び頂けるようになっていくように、おかげを蒙らせて頂きましょう。
posted by 金光教阿倍野教会 at 05:43 | 平成30年の「み教え」

2020年03月26日

●我欲と不成心に負けることなく

 三代教会長先生は、ご自身の考えを無理に押し進めたりなさらずに、我情我欲を放して、二代教会長・伊藤コウ師にお仕えなさることを、生涯のご修行となされたのでした。

★例えば、ご自身が良いお考えを持っておられましても、コウ師におもむろに進言なさいます。コウ師が、その時に納得して下さらない場合は、無理に意見を通そうとなさらず、一旦引き下がられます。そして、時期を見て、またおもむろに進言なさるのです。何度か進言なされても、納得して下さらない場合は、また時期を待たれます。そうしていると、コウ師は、「これは、このようにしたいと思いますが、あなたはどう考えますか?」と仰って、同じ考えを示されます。三代教会長先生は「それは良いお考えだと思います。私も賛成です。」と、同意を示されるのでした。コウ師が仰る厳しいみ教えに対しても、不足に思われたり、悪く受け取られたことは一度もあられず、ただひたすらにコウ師の補佐の御用に徹され、神様の御用にお使い頂かれる覚悟をお決めになっておられたのです。

★私達の心の中には、様々な欲が起こってくるものです。それは、食欲、睡眠欲のような、生きてゆく為に必要な欲もありますが、お取り払い頂くべき我情我欲も、次から次へと湧き起こってきます。自分の中で、「ああ、この欲はお取り払い頂けた!」と、悟らせて頂いたように思っても、次の瞬間には良くない考えが頭をもたげたりするものです。

★そこで、『座敷、押入れ、板の間に塵が積もるように人間は我欲のために我が心に塵が積もる。我が心、我が身が汚れないように、心と身体の掃除をするつもりで今月今日で信心をせよ。』と、み教え下さっておられるのです。我情我欲、不成心をお取り払い頂くことは、簡単なことではありませんが、常に生神金光大神様のお取次を頂くことが出来ますから、間違った考えを正して頂くことが出来、正しい方向に導いて頂けることは、真に有り難いことです。日々の信心に油断なく、我情我欲をお取り払い頂きつつ、一歩一歩有り難い方向に進ませて頂いて、教祖様のご信心に近づかせて頂きたいと思います。

★『神様、金光様とお願いでつながっているのではご信心が浅い。おかげを受けていつもお礼を申しておると神様とのつながりが深くなるから、ご信心が強くあつくなる。』『自分のことになってくるとなかなか分からんものじゃが、そういう時には、金光様はどうなさったじゃろうか、どうなさるじゃろうか。おかげを蒙っておる者はどうしたらよいのじゃろうか、と考えたらすぐ合点がいく。お参りをすると教えて下さり、出来るように願って下さり、引っ張って導いて下さる。』

【金光教阿倍野教会 日参と聴教 おかげは足運びにあり】

金光教阿倍野教会 公式ホームページへ◆
posted by 金光教阿倍野教会 at 06:05 | 令和2年の「み教え」